benesse

Pプラス デジタル・情報活用検定

これからの時代で求められるプロフィシエンシー

Pプラスが重視する「プロフィシエンシー」とは、知識や技能を現実の状況に応じて発揮する能力のことです。2020年度から小学校ではプログラミングが必修化されますが、そこで大事なのは直面する問題に対して「情報」や「デジタル機器の操作」によって、適切な解決方法を考え実行できたり、必要に応じて問題解決のための新たな手段を創り出すことができることを意味します。
現在の状況把握や、指導の成果確認をすることで、学校のご指導にご活用ください。

Pプラスとは