benesse

Pプラス デジタル・情報活用検定

Pプラスの特長

  • 指導の成果を知りたい。
  • どう指導を始めてよいか
    わからない。

新学習指導要領を踏まえた出題のため、お取り組みの成果把握、指導前の児童の能力把握ができます。

  • 「デジタル・情報活用能力」
    を、より効果的に育成したい。

実社会に即した問題解決型を含む多様な問題への取り組みにより、児童の思考力・判断力・表現力を育みます。

  • 合否判定は、児童が
    不合格になるのを嫌がる。
  • 不合格だと落ち込む。

検定結果は合否形式ではなく、成績に応じてメダルや認定証で評価し、児童の次に向けてがんばる気持ちを応援します。

Pプラスとは